景観とともにある | 外壁塗装をするときは、リフォームの時期を基本に考える

外壁塗装をするときは、リフォームの時期を基本に考える

塗装

景観とともにある

住宅は住んでいる人の性格や、暮らしの哲学を表現するものである。
家は生活の基盤であるが、生活の仕方はそれぞれ違う。
人生設計も、世の中の情勢によって変わってくるので、生活を行なうためには自分で環境を整える必要がある。
気持よく暮らしていくことが一番、というように、暮らしで何を一番大切にしたいかという条件は一人一人違っているのである。
このため、住宅のデザインも個性的にしたいという人が多い。
伝統的な形式にする人もいれば、モダン住宅でミニマムなデザインを好む人は極力無駄な設計を配した外観にすることもある。
そういった住宅の印象に、外壁塗装も関わってくる。
外壁塗装をするときに、自分の好きな色にすることは建設の時に基準にする考え方でもある。

しかし、外壁塗装はいずれ塗り替えが必要なものなので、こういった将来的な外壁塗装の塗替えによっても条件は変わることがある。
その条件とは、安く外壁塗装をするということである。
珍しい色で構成されている住宅の塗装は、それだけ色の配合に時間がかかり、人件費や材料費がかかってしまうということになる。
外壁塗装を白にすれば、白はどこでも用意されているペンキになるので、外壁塗装料も値段が抑えられる。
フッ素配合のペンキを選ぶのであれば、なおさらペンキに掛かる料金は抑えた方が良い。
また、外壁の色は地域によって決められていることもある。
ギリシャでは外壁は必ず白でなければいけないと決められている地域がある。
日本でも京都などの伝統的と格式を大事にしている観光地ではそういった決まりがあるので、注意して外壁塗装するべきである。